English page

いらっしゃいませ

tylab.orgは、山本毅雄の運営するWebサイトです。

自己紹介

1939年生まれ。子供のころはお医者になることしか頭にありませんでした。主に経済的理由でそれをあきらめた時も、文学をやるなどは全く念頭になく、詩や小説は 「仕事の邪魔になる道草だけど、やむにやまれず読むのだから、しかたがない」ものと思いつつ、理系人生を送りました。

65歳で主な勤め先を退職したとき、英米詩の勉強を思い立ち、あしかけ5年ほど、阿部公彦先生について学んできましたが、どんどん面白くなって、深みにはまり ました。69歳で最後のお勤めをやめた後、ついに大学院受験を決意しました。それから半年の間は、昔の大学受験の時より根をつめて勉強したような気がします。 さいわい合格させていただき、2010年4月から、東大大学院・英文専門分野の学生となりました。

(正式には、東京大学大学院 人文社会系研究科 欧米系文化研究専攻 英語英米文学専門分野です)

3年計画の修士課程が結局は4年になってしまいましたが、20世紀米国の詩人Kenneth Rexrothの韻律について修士論文を書き、2013年12月 に提出しました。2014年3月、修士(文学)の学位をいただきました。むかしむかし理学修士(化学)を頂いたのが1964年でしたから、ちょうど半世紀目の 二つ目の修士号となりました。

2014年4月から博士課程に進学。英詩の朗読音声から、音譜に外見の似た(内容は大事なところで違いますが)「詩譜」を作るお手伝いをするソフトVoiceToScoreを自作・公開しています。昔の仲間たちや、教えた学生さんたちにはプログラミングの名 人達人がいっぱいいますが、私のプログラミングは終始、下手の横好きの典型ですので、なかなか大変でした。これを使って、モダニスト詩人たち、特に20世紀米 国の詩人Williams Carlos Williamsの韻律を研究中です。ぼけないうちに博士論文を書き上げたいものと、最近は少しあせっています。


研究と並行して、自分が満喫している「英詩を読む楽しみ」ことに「英詩を声を出して読み、また聴く楽しみ」を、ある程度年をとった仲間たち・・・ざっといって、 50歳以上の人たち・・・に広めたいものと、その方法を探っています。

私の前半生については、アーカイブにありま す。

これからの後半生(とはいっても、としがとしですから、何年つづくかわかりませんが)を、できるだけ元気よく、学びながら、また書きながら、過していきたいと 願っています。

行行て たふれ伏とも 萩の原 (曾良)

(C)opyright 2005-2017 Takeo Yamamoto; Last updated 2017-12-11;
山本のメールアドレスは「 ty"あっとまーく"tylab.org」です。